ワードプレスをSSL化してみた覚え書き

昨夜、こちらのブログもやっとこSSL化いたしました。
色々なサイト様から情報を頂きなんとかかんとか出来ました。
その覚え書きです。

SSL化とは超簡単に言うと、
URLのトップを「http」から「https」に変更すること。
そうすることでサイトとしての信用度が上がるんだとか。
詳しくはぐぐってくださいまし。

私はエックスサーバーを利用しています。
各サイト様からの覚え書きなのでキーワードなどほぼそのまま利用のものもありますことご了承ください。

SSL化する手順

バックアップをとる

データベースも記事もとにかくバックアップしておきます。
私はレイアウトなどもキャプ撮って残しています。

エックスサーバーでSSL設定を行う

エックスサーバー 無料独自SSL設定
エックスサーバーのサイトで詳しく載っています。
※CSR情報はなにもしないでいいらしいです。
「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックして1時間ほど待てば反映されます。
それまではhttpsでのURLにアクセスしても「危険なサイト」などのエラー画面がでます。

WordPressの「設定」からURLを変更する

「一般」からWordPress アドレス (URL)サイトアドレス (URL)の両方を「https」で始まるURLに変更する。
「メディア」の「ファイルへの完全なURLパス」にURLを入れている場合、そちらも忘れず変更する。(私はこの部分に気が付いておらず、少し手間かかりました汗)

内部リンクをSearch Regexで置換する

ワードプレス用プラグイン「Search Regex」を「新規追加」から検索してインストール。

  • Search pattern」に旧URL(http:~)
  • Replace pattern」に新URL(https:~)を入力し
  • Replace」クリックで表示されるURLをおかしいところないかチェック。
  • Replace&Save」クリックで一括変換。

※一度変更すると元には戻せないらしいので「Replace」で表示された一覧をよく確認する。

ファビコンやロゴ、ヘッダーバナーなど一部変換されないものもあるのでその部分は再度「外観のカスタマイズ」からアップし直すと変換される。(メディアのURLがhttpsになっているのかを先に確認する)

「F12」「コンソール」タブで問題箇所を検出・修正する

一発ではなかなか「安全なサイト」として認証されない場合が多いです。
その場合、各ブラウザの「F12」→「コンソール」で表示されるエラーを見て修正していきます。
(エラー先に関数などが表示され、難しすぎてわからないままのものもあります・・・涙)

.htaccessにリダイレクト用のコードを追記する

エックスサーバーより「.htaccess」に貼りつけるコード
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_fullssl.php

こちらの処理をすることにより、httpのURLへのアクセスもhttpsのほうに転送されます。
※「.htaccess」は必ずコピーをとってから行います。

なかなか大変ではありましたが、
firefoxの場合ですが、緑のカギ(南京錠かな?)が表示されるとなんとも嬉しかったです。
なかなかうまくいかないサイトもあるのですが、出切るところからやっていこうと思います。

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加